At-Globe
−小さな地球、世界はひとつ?−世界の面白い話題からグローバル化を考えましょう

2014-01-10

「天使は毎日やってくる」−食事を無償提供するムニョスさんのお話

 今日紹介する話題は、私費を削ってホームレスの人々などへ毎日、食事を無償で提供する男性のお話です。

 ジョージ・ムニョスさん(Jorge Munoz *1)はニューヨーク在住のスクールバスのドライバーです。彼は2004年にホームレスの人々へと食事の無償提供をすることを決心しました。自宅で調理した料理を自家用車のピックアップトラックに載せて、多くのホームレスやジョブレスの人々が待つクイーンズ地区の一角へと運び、それらの人々へと食事の提供を始めたのです。彼はこれまでの約10年間、1年365日、1日も欠かすことなくそれを続けています。

食事を配るムニョスさん「An angel in Queens」より

 ムニョスさんがバスの運転手の仕事で得る収入は月に30万円ほどですが、その半分以上を費やしてこの活動を続けています。
 いったい彼はどんな人物なのでしょうか?

続きはこちら→
[Read More!]
19:28:00 - atglobe - No comments TrackBacks

2011-04-14

日本人の「助け合う心」−震災復興へ!世界から称賛の声

 岩手、宮城、福島県を中心に、とてつもなく大きな被害と、そして悲しみをもたらした東日本大震災から、もうすでに1ヶ月が経ったのですね。
 日本が一丸となって、この大きな試練を乗り越えていかなければなりません。世界中からもたくさんの方々が、日本の復興を応援してくれています。
 そこで今日は、私がたまたまYouTubeで見かけた映像をご紹介させていただきます。この映像作品はアメリカの16歳の青年が制作したものです。まずはご覧ください。



Japan Earthquake 2011_Twitter Messages

 映像に出てくる英文の意味を知りたい方のために、以下に和訳文章を掲載しています。
続きはこちら→
[Read More!]
08:12:18 - atglobe - 7 comments TrackBacks

2009-05-12

新型インフルエンザ(H1N1)に関する豆知識

 4月にメキシコで発生してからあっという間に世界中に飛び火した新型インフルエンザ。
久しぶりの更新となる今回はそのインフルエンザに関する豆知識をご紹介します(特に役に立つとも思えませんが・・・苦笑)。

<基礎知識>

 インフルエンザの語源は「影響」を意味するイタリア語"influenza"(英語のinfluence)だそうです。まだウィルスが原因だとわからなかった16世紀に、冬季になると発生し春には収束するこの病気の原因を、天体の動きや気候などの影響と考えていたためこの呼び方になったと言われています。

 ニュースなどでは「新型インフルエンザ」と呼んでいますが、今回大流行しているインフルエンザの正体は、本来は人間には感染しない「H1N1豚インフルエンザ・ウィルス(Swine Influenza Virus)」が突然変異した物と考えられています。

 しかしメキシコで発生した当初は、メキシコ国内に感染者が集中していたことから、「どこかの国が細菌兵器の実験を行ったのではないか」という『陰謀説』や、「軍などの研究施設から持ち出された変異ウィルスを誰かがばら撒いた、もしくは誤って拡散してしまったのではないか」という『事件・事故説』が巷で噂されました(私や医療関係の知人も実は密かに疑っていました)。

<ウィルスの構造>

インフルエンザの模式図(Wikipediaより)

続きはこちら→
[Read More!]
22:21:27 - atglobe - No comments TrackBacks

2009-02-03

口べたは「自任」それとも「自認」? −小沢さんどっちですか?

 
− さて今日は番外編です −

 先日インターネットのニュースサイトを見ていて「誤字」を発見しました。正確に言うと発見したつもりになっていました。その私が誤字と思った漢字が含まれる文章は以下の通りです。

『口べたを自任する小沢氏が「首相への意欲」を語るようになった理由を・・・』

小沢さんは何も悪くないのに話題してしまいすみません。お詫びに執筆本の宣伝を!

 この「自任」という漢字が「自認」の間違いだと思ったわけです。そこで休日で暇だったこともあり、そのニュースを配信している新聞社へメールで以下のようなお知らせをしました。

> -----Original Message-----
> Subject: 【フォーム問合せ】誤字のお知らせ
>
> たまたま見つけましたのでお知らせします。
>
> http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090201-OYT1T00235.htm
>
> 口べたを自任する小沢氏が
>       ↓
>       自認


すると新聞社から以下のような返信メールが届きました。 

続きはこちら→
[Read More!]
11:37:14 - atglobe - 25 comments TrackBacks

2009-01-27

ロシアの元大富豪、物々交換取引所で復活か?

 アメリカ発の経済不況が世界各地に飛び火していますが、ロシアにおいても状況は同じです。
 1991年のソビエト連邦崩壊後もしばらくは冬の時代が続いていたロシアでしたが、最近5年間は急速に景気が上向き、好況に沸いていた最中でのこの大不況ですから、ロシア政府にとっても頭の痛いところでしょうね。

 ところで今日の話題は、4年前まではロシアの億万長者ビジネスパーソンだった、ゲルマン・ステルリゴフという男性のお話です。

ステルリゴフさん(Mr. German Sterligov)

 ステルリゴフさんは、ソ連崩壊の頃に始めた商品取引ビジネスが大当たり。加工魚介類から鉄鋼、石油といったあらゆる商品取引を行い、その手数料を徴収して一大資産を築きました。弱冠24歳という若さでの成功話はロシア中に響き渡ったといいます。エリツィン元大統領の誕生会に招かれたこともあったそうです。

 しかし彼はそれだけでは満足しませんでした。金に踊らされる世の中を憂い、政治家を目指したのです。

 ところが結果は散々でした。2002年のクラスノヤルスク知事選、2003年のモスクワ市長選と続けざまに立候補しては落選。しまいには2004年の大統領選に出馬しようとしましたが、「届け出書類に公証人の証印がない」のいう理由で出馬取り消しとなってしまいました。

続きはこちら→
[Read More!]
18:01:04 - atglobe - No comments TrackBacks