At-Globe

2006-02-28

地球温暖化で海面はどのくらい上昇する?

 TIME誌の記事によると、グリーンランドの氷山はさらに解けるスピードを上げたようです。
Glaciers
 以前国連が発表した数字では、21世紀の終わり(2100年)までに約50cm海水面が上昇するだろうとしていました。ところがグリーンランドで最近行った調査によると、氷山の溶けるスピードが5年前に調査した時の2倍になっていることがわかったそうです。

続きはこちら→
[Read More!]
14:48:32 - atglobe - No comments TrackBacks

2006-02-27

世界の文化に触れてみよう

 今日は、アメリカのウィスコンシン・マーシュフィールド大学で行われている、「A World of Neighbors: The Marshfield Cultural Fair」という催しに関する記事からです。
Cultural Fair
 この催しは、世界の様々な文化に触れることにより各国の文化を理解するために開かれています。会場では様々な国のブースが用意され、踊りや歌の実演や美術品の展示、そして各国の伝統料理を味わうコーナーもあるそうです。

続きはこちら→
[Read More!]
17:51:29 - atglobe - No comments TrackBacks

2006-02-25

オートサーフサイトの詐欺被害が急増中!ご注意を

 皆さんは「オートサーフサイト」とは何かご存知でしょうか?
 知らない方も多いと思いますので簡単にご説明しますと、そのサイトに登録し配信される企業の広告ページを見るだけでお金がもらえるという奇妙なサービスです。例えば12DailyPro.comというサイトでは、登録し元金を預け、自動的に配信される広告を毎日10分程度ただ見るだけで、12日後に元本の144%が還元されます。10万円預けていれば14万4千円になって戻ってくるわけです。

 オートサーフは手軽に利益が得られるということで、世界中でかなりの人数が参加しているようです。

 ところがそのオートサーフサイトの代表格ともいえる、前述の12DailyProが詐欺の疑いでFBIなどの立ち入り検査を受けているようなのです。

続きはこちら→
[Read More!]
13:25:26 - atglobe - No comments TrackBacks

2006-02-24

「血に染まった地獄?」いえいえそんな意味ではありません

 オーストラリアのABCニュースによると、オーストラリア観光を宣伝する新しいキャッチフレーズが物議をかもしているようです。

 そのキャッチフレーズとは、”So where the bloody hell are you?(それで、今いったいどこにいるんだい?)”というものなのですが、問題はその"the bloody hell"です。

 この言葉は親しい間柄同士でよく使われる表現で、多少強調するために使うのですが特に意味はありません。ですが直訳すると「血に染まった地獄」というこの表現は、英語圏以外の人にいいイメージを与えないのではないか、という議論が起こっているわけです。

続きはこちら→
[Read More!]
14:13:55 - atglobe - 2 comments TrackBacks

2006-02-22

地元産業の救世主となるか?ボイン・シティの試み

 グローバル化によって巨大企業が世界の各地に進出し、地方都市で地道な商売を行っていた多くの中小企業は非常に厳しい経営状況にあります。

 そんな逆風の中、地方自治体(商工会)と企業、そして市民が一体となって地元を盛り上げようと取り組んでいる小さな町の例をご紹介しましょう。

 アメリカのPETOSKEYというニュースサイトによると、ミシガン州のボイン・シティでは昨年に引き続き「Buy into Boyne」キャンペーンを実施するそうです。このキャンペーンは文字通り、ボイン・シティの地元企業から商品を買おう、あるいは地元企業のサービスを利用しようというものです。

続きはこちら→
[Read More!]
15:40:37 - atglobe - No comments TrackBacks