At-Globe

2006-08-30

予言「2006年9月12日に核戦争が起こる」−当たらない予言の歴史

 実はずいぶん前からこれを記事にしようか迷っていたのですが、いよいよその日が近づいてきたのでご紹介しましょう。それはある男が行った予言の話です。

 イスラエル・ホーキンズ氏(元の名はビル・ホーキンズ)は、アメリカで弟と2人で立ち上げたハウス・オブ・ヤーウェという宗教団体の代表、予言者です。ヤーウェとは旧約聖書におけるイスラエル民族(ユダヤ教徒)の神で、天地万物の創造者、唯一絶対の神とされています。つまりユダヤ教の一派というところでしょうが、急進的で多くの問題が指摘されている団体でもあります。

 そのホーキンズ氏が旧約聖書を分析・研究し半年ほど前に行った予言が、「2006年9月12日に核戦争が起こり、世界の人口の3分の1が犠牲になる」というものです。彼は「100%の自信がある」と自身のウェブサイトで語っています。

 9月12日といえばもうすぐですが、でも心配することはありません。なぜなら人類の長い歴史の中で、この手の予言が当たったことは一度もないからです。それでは過去の予言を少しだけ紐解いて見ましょう。

続きはこちら→
[Read More!]
11:32:12 - atglobe - 13 comments TrackBacks

2006-08-28

「報道か人の命か?」ケビン・カーター氏のドキュメンタリー映画

 アフリカのニュースサイトを見ていたら、アカデミー賞の短編ドキュメンタリー部門にノミネートされた"THE DEATH OF KEVIN CARTER"という映画に関する記事がありました。

 ケビン・カーターさんは南アフリカのフォトジャーナリストでしたが、彼が撮影したある1枚の写真で一躍有名になり、しかし同じその一枚の写真のために命を失いました。

「ケビン・カーター氏の死(ハゲワシと少女)」をテーマにした映画ポスター
 上はこの映画のポスターですが、真ん中に映し出されているのがその問題の「一枚の写真」です。そのいきさつとはこんな話です。

続きはこちら→
[Read More!]
16:38:45 - atglobe - 41 comments TrackBacks

2006-08-26

世界のリテラシー・レイト−アフリカの人々にもウィキペディアを

 私たち日本人にとっては、「日本語で書いた文章を読める」ことなどごく当たり前のことで何の自慢にもなりません。でも世界を見渡してみると、自国語を読めるということは決して当たり前のことではありません。

世界のリテラシー・レイト:ウィキペディアより
 自国語を読み書きし理解できる能力のことを、英語でliteracy:リテラシーといいます。そして国民のうち読み書きできる人の比率を、その国のリテラシー・レイトと表現します。

 上の地図は、世界の国々のリテラシー・レイトを色別にしたものですが、アフリカでは国民の半分以上が読み書きできないという国がたくさんあります。マリやニジェールといった国ではリテラシー・レイトは20%を下回ります。

続きはこちら→
[Read More!]
20:56:04 - atglobe - No comments TrackBacks

2006-08-22

続・航空機爆破同時テロは未然に防げましたが…Think Global

こんな時あなたならどうしますか?

「空港の搭乗口付近で2人のアラブ系の長髪の男たちがひそひそと話をしている。アラビア語かあるいはウルドゥー語なのかよくわからない。この暑さだというのに一人は革ジャンを、もう一人も厚いジャンパーを着ている。やけに頻繁に時計をちらちら見ている。彼らはあなたたち家族と同じ飛行機に乗り込もうとしている。」

1.違う飛行機に変更する
2.空港の係員か警備員に連絡し調べさせる
3.気にせずにその飛行機に乗る

 たとえ話ではありません。航空機爆破同時テロの未遂犯が捕まって以降、イギリスなど世界各地で実際に起こっている問題です。

続きはこちら→
[Read More!]
20:05:08 - atglobe - 7 comments TrackBacks

2006-08-18

$100コンピューター、いよいよ世界の子供たちへ

 「100ドル(11,600円)のコンピューターを作って世界の貧しい子供たちに配ってやりたい。」、マサチューセッツ工科大学のメディアラボが中心となり始まったこのプロジェクト、新聞やテレビなどでも取り上げられたことがあるのでご存知だった方も多いと思います。

写真はOne Laptop per Childのウェブサイトより
 このプロジェクトがいよいよ実を結びそうです。写真のノートパソコンを世界中の貧しい子供たちに配るのです。まず最初は、本年10月からタイの500人以上の子供たちに提供される予定です。多くのNPO団体も協力して、2007年にはタイ、ナイジェリア、ブラジル、アルゼンチンの子供たちに、500万〜700万台のコンピューターを配布する予定との事です。

続きはこちら→
[Read More!]
17:31:12 - atglobe - 9 comments TrackBacks