At-Globe

2006-12-27

ワイキキビーチも水の都ベネチアも海底に沈み過去の遺物となるのか?

 日本では寒い冬でも、常夏の楽園ハワイならいつ行っても快適なビーチが私たちを迎えてくれるはず!、という常識も、数十年後には昔話で語られる遺物になっているかもしれません。

 毎日多くの観光客でにぎわうワイキキビーチですが、ここ50年間は毎年約30センチずつビーチが狭くなってきているそうです。古くから住む地元の人は「昔、ビーチはもっと広かった。今じゃあビーチは(狭くなったせいで)混み合っていて足の踏み場もないくらいだ。」と語っています。

 そこでハワイ州ではワイキキビーチを広くするために、海底から砂を掘り出してビーチにその砂をまくことにしたそうです。

続きはこちら→
[Read More!]
18:13:47 - atglobe - 8 comments TrackBacks

2006-12-11

貧困の根絶こそがテロの撲滅への道筋 −ユヌス氏ノーベル平和賞受賞

 日本でも大きく報道されたのでご存知の方も多いと思いますが、バングラディッシュでグラミン銀行を運営するムハマド・ユヌス(Muhammad Yunus)氏が、12月10日ノルウェーのオスロで開かれたノーベル賞授与式でノーベル平和賞を授与されました。

グラミン銀行のホームページへ
 グラミン銀行は、バングラディッシュの農村に住む多くの貧困者層、中でも主に女性の自立を助けるために無担保で小額の貸付を行っています。"マイクロ・クレジット"と呼ばれるこの貸付により、女性たちは貧困から脱出する"チャンス"を得ることができます。

続きはこちら→
[Read More!]
11:50:07 - atglobe - 4 comments TrackBacks

2006-12-01

他の惑星への移住は可能になる! −ホーキング博士

 スティーブン・ホーキング(Stephen Hawking) 博士といえば、相対性理論のアインシュタインとも並び称されるほどの天才物理学者として知られています。また彼は「車椅子の物理学者」とも呼ばれ、21歳で発病したALS(筋萎縮性側索硬化症)と戦いながら相対性理論や宇宙論といった研究を続けてきました。

スティーブン・ホーキング氏のウェブサイトへ
 そのホーキング博士が最近、イギリスのBBCラジオのインタビューで語ったのが、「人類の他の惑星への移住の可能性」についてです。

続きはこちら→
[Read More!]
11:18:09 - atglobe - 4 comments TrackBacks