At-Globe
−小さな地球、世界はひとつ?−世界の面白い話題からグローバル化を考えましょう

2009-05-12

新型インフルエンザ(H1N1)に関する豆知識

 4月にメキシコで発生してからあっという間に世界中に飛び火した新型インフルエンザ。
久しぶりの更新となる今回はそのインフルエンザに関する豆知識をご紹介します(特に役に立つとも思えませんが・・・苦笑)。

<基礎知識>

 インフルエンザの語源は「影響」を意味するイタリア語"influenza"(英語のinfluence)だそうです。まだウィルスが原因だとわからなかった16世紀に、冬季になると発生し春には収束するこの病気の原因を、天体の動きや気候などの影響と考えていたためこの呼び方になったと言われています。

 ニュースなどでは「新型インフルエンザ」と呼んでいますが、今回大流行しているインフルエンザの正体は、本来は人間には感染しない「H1N1豚インフルエンザ・ウィルス(Swine Influenza Virus)」が突然変異した物と考えられています。

 しかしメキシコで発生した当初は、メキシコ国内に感染者が集中していたことから、「どこかの国が細菌兵器の実験を行ったのではないか」という『陰謀説』や、「軍などの研究施設から持ち出された変異ウィルスを誰かがばら撒いた、もしくは誤って拡散してしまったのではないか」という『事件・事故説』が巷で噂されました(私や医療関係の知人も実は密かに疑っていました)。

<ウィルスの構造>

インフルエンザの模式図(Wikipediaより)

続きはこちら→
[Read More!]
22:21:27 - atglobe - No comments TrackBacks

2008-01-15

世界最安値!27万円の車インドで発売へ! でもテーマは環境問題?

 皆さんも新聞やテレビなどでご覧になったかもしれませんが、10万ルピー(約27万円)の車が今年中にもインドで売り出されます。

Tata Nano(タタ・ナノ)インドで2008年発売へ

 この世界一安い車を作ったのは"Tata Motors:タタ・モーターズ"社で、車名は"Nano:ナノ"といいます。
 全長3.1m、車幅1.5m、車高1.6mで、623ccのガソリンエンジンを搭載しています。外観で特徴的なのは助手席側のドアミラーがないという点でしょうか。

 さて、今更なぜこの車の話題を取り上げたのかというと、報道の内容でちょっと気になることがあったからです。

続きはこちら→
[Read More!]
21:14:44 - atglobe - 13 comments TrackBacks

2007-03-19

地球温暖化を防ぐための秘策とは?

 地球温暖化が私たち地球上に住む全ての生物にとって非常に大きな問題であることに、異論がある人はおそらくいないでしょう。
 しかし、「その問題をどう解決するのか?」と聞かれれば、私たちは口ごもってしまいます。

 そこで今日は、地球温暖化を防ぐために科学者たちが真剣に考えている"秘策"?についてのお話です。
 ところで本題に入る前に、皆さんはこんな寓話をご存知でしょうか?

「チーズの大好きな王様が、お城にネズミがたくさん住み着いてしまっていることに悩んでいました。そこで王様はネズミを退治するために猫を飼うことにしました。ところがしばらくすると、今度は猫が増えすぎてしまったために、王様は犬を飼うことにしました。やがて犬が増えすぎたのでライオンを、ライオンを退治するために象を、そして象が増えすぎてしまったので王様はついに"ネズミ"を飼うことにしました。」

続きはこちら→
[Read More!]
12:57:38 - atglobe - 11 comments TrackBacks

2007-01-31

ビルダーバーグ・クラブとは?−アメリカの石油、金、そして政治

「現在のこの世界は、"ビルダーバーグ・クラブ"と呼ばれる一部の超富裕層の集団によって自由に操られている。」

ビルダーバーグ・クラブに関する本をアマゾンで購入する?(ちなみに私はまだ読んでいませんが・・・)
    ※画像をクリックするとAmazonのサイトが開きます

 最近書店でこの手の"黒幕の存在"や"陰謀説"を説く書籍をよく見かけます。その内容を鵜呑みにする気は毛頭ありませんが、今日のアメリカのニュース報道を聞いてしまうと少しばかり疑心暗鬼になってしまいます。

 そのニュースとは、アメリカの科学者たちが行った地球温暖化に関する調査報告内容をホワイトハウスが握りつぶしていた、というものです。

続きはこちら→
[Read More!]
15:12:28 - atglobe - 17 comments TrackBacks

2006-12-27

ワイキキビーチも水の都ベネチアも海底に沈み過去の遺物となるのか?

 日本では寒い冬でも、常夏の楽園ハワイならいつ行っても快適なビーチが私たちを迎えてくれるはず!、という常識も、数十年後には昔話で語られる遺物になっているかもしれません。

 毎日多くの観光客でにぎわうワイキキビーチですが、ここ50年間は毎年約30センチずつビーチが狭くなってきているそうです。古くから住む地元の人は「昔、ビーチはもっと広かった。今じゃあビーチは(狭くなったせいで)混み合っていて足の踏み場もないくらいだ。」と語っています。

 そこでハワイ州ではワイキキビーチを広くするために、海底から砂を掘り出してビーチにその砂をまくことにしたそうです。

続きはこちら→
[Read More!]
18:13:47 - atglobe - 8 comments TrackBacks