At-Globe

夏だから! 世界のビーチ面白ニュース

 もうすぐ7月、いよいよ夏の到来ですね。最近このブログでは堅苦しい記事が多すぎるのでは?…そういうわけで今日は世界のこぼれ話-ビーチ編-をお楽しみいただきましょう。

沖縄の観光案内DVDをアマゾンで買う?
  ※画像はビーチということだけで選んでしまいました。
    記事とは特に関係なく、多分沖縄の観光PR用DVDだと思います…

 まず一つ目はイタリアのビーチの話題。

 "若い女性に会って声をかけないのは失礼である"、世界基準では非常識でも、これがイタリア人男性にとっては当然の常識(本当かな?)。そんなイタリアならではの変わったビーチが誕生しました。それは"男性と子供はお断り!"という女性専用ビーチです。

続きはこちら→


 女性専用ビーチがオープンしたのは、アドリア湾岸のリッチョーネ・リゾート内。ビーチの入り口には「男性お断り」と書かれた立て看板があります。

 実際にこのビーチを訪れた女性はこう語っています。

「主人と息子は留守番よ。まるでパラダイスに来たみたい! リラックスできるし、ゆっくり本を読んだりうたた寝もできる…、子供の"ママ、ママ!"っていう叫び声も聞かなくて済むし、四六時中飽きもせず色目を使う男たちもここにはいないしね。」

 このビーチの経営者の22歳になる娘さんもこう言っています。

「イタリアで女性が生活するのは本当に大変なことなの。イタリアの男たちは一瞬たりとも女性に安息の時間をくれないのよ。」

 このビーチではスタッフも基本的に全員女性なんだとか。例外的に男性が認められているのは美容師とライフセーバーだけだそうです。

 さてお次はアメリカのビーチの話題。

 アメリカでビーチに行く時には、非常に危険な"ある物"に注意が必要です。そのある物とは、子供たちの大好きな"砂のお城"です。

 "The New England Journal of Medicine"という医学雑誌に発表された論文によると、過去数年のアメリカ国内の海水浴での事故死の原因を調査したところ、以下のような事実が判明したのだそうです。

<事故死の原因>
サメに襲われた 12名
お城を作るために掘った穴につまづいた 16名

 サメに襲われるのは恐ろしいことですが、しかしまさか砂のお城を作るために子供たちが掘った穴につまづいて亡くなることなど誰も想像しないことでしょう。
 
 ビーチのパトロールをする男性はこう語っています。

「子供たちが深い穴を掘っていたらやめさせるよう上司から命令を受けているよ。子供の父親たちから"うちの子の楽しい夏の一日を台無しにする気か!"と文句を言われるけど、こう言い返してるんだ、"俺の知ったことか!"とね。」

 いよいよ夏到来、ビーチが恋しい季節がやってきますが、皆さんも砂のお城には十分ご注意を! 日本人男性の若者諸君はイタリア人男性に負けないようがんばってください。記事中のイタリア人男性のように女性から嫌われない程度に…ね。

↓At-Globe内の関連記事(というより面白いお勧め記事)
今年もおかしなエイプリルフール記事2007
世界のエイプリルフールな記事2006
ロシアの「ちょっとやりすぎ!?」ないたずら

↓今日の記事の参照サイト
The Australian −Italian beach bans men and children−(ニュースソース)
The Australian −Fatal shores−(ニュースソース)

ブログランキング・にほんブログ村へkuturogu←この記事に一票

「世界の面白ニュース」カテゴリの他の記事も見てみる
At-Globeのブログ最新の記事も見てみる
atglobeの投稿(21:41:39-2007-06-29) - カテゴリ: 世界の面白ニュース TrackBacks

コメント

Ben Hattori wrote:

まさしく夏来たりなば、ですね。
タイムリーな軽い話題で、
サマー・ブレイクもまたよきかな。

> 記事とは特に関係なく、多分沖縄の観光PR用DVDだと思います…

こういうテキトウ感もお持ちだったんですね、管理人さん。
人間味があって、何かいい意味でほっとしました。
2007-07-03 18:19:26

atglobe wrote:

To Ben Hattoriさん

>まさしく夏来たりなば、ですね…

どこまでも澄んだ青い海、白い砂浜…
実は私、大の南国リゾート好きなのですが、もう何年もそんな景色を
見ていません。
こんな記事に惹かれてしまうのも、ちょっとした禁断症状なのかも
しれません。

>こういうテキトウ感もお持ちだったんですね…
ばれちゃいましたか。
そうです、実は故植木等さんのスーダラ節のような人物です。
2007-07-04 14:33:45

valvane wrote:

こんにちわ。TB出来ないのが残念ですー! この話題2件とも、アップしていますので。
リッチョーネの詳しい話、興味深く読ませていただきました。こちらはイスラム教徒の女性(ムスリマ)専用ビーチと聞いていますが、女性であればイスラム教徒でなくても利用可能なんでしょうか? 
また、初めはライフセーバーも含め、全員女性の予定でしたが、そうですか、やっぱり女性だけでは無理だったんですね。例外的に認められた彼らは、他の男性からはさぞ羨ましがられているでしょう。
2007-07-05 06:22:44

atglobe wrote:

To valvaneさん

valvaneさん、こんにちは。

>TB出来ないのが残念ですー!

大変申し訳ございません。
トラックバックについてなのですが、このブログへのスパムTBが毎日十数件に
達したため一時的に受付を中止していたのですが、最近サービス提供会社自体が
あまりに多くのスパム・アクセスに耐え切れず、TB機能を一時的に使用中止に
してしまいました。
再開の目処はまだ立っていないようです。
ごめんなさい。

>リッチョーネ…こちらはイスラム教徒の女性(ムスリマ)専用ビーチと聞いて
>いますが、女性であればイスラム教徒でなくても利用可能なんでしょうか?・・・

valvaneさんのブログ記事を読ませていただきました。
昨年はリッチョーネに「イスラム教徒の女性(ムスリマ)専用ビーチ」の導入が
検討されていたわけですね。

さて今年オープンしたリッチョーネの女性専用ビーチですが、女性ということ以外、
特に限定はないようです。
ちなみにこのビーチでは、エクササイズや水中エアロビクスのレッスンからネイル
サロンまで、女性を意識した様々なサービスを提供しているようです。
また"健康"というイメージを重視するためでしょうか、このビーチではチップスを
はじめとする揚げ物などのファーストフードは一切販売禁止だそうです。

>初めはライフセーバーも含め、全員女性の予定でしたが、・・・例外的に認められた
>彼らは、他の男性からはさぞ羨ましがられているでしょう・・・

さすがに命にかかわる問題ですからね。
私も経験がありますが、おぼれかけている人は暴れるので助けるのは本当に大変です。
相当な筋力が必要ですから男性もいたほうが安心ですよね。
ところで、もしかしてライフセーバーの人選は"イタリア人男性以外"からされて
いたりして・・・、それはさすがにないかな?
2007-07-05 10:16:30

ちゃめ wrote:

>お城を作るために掘った穴につまづいた 16名
 こんな死因があるんですね〜。
 びっくりです。

 しかし、男性はどんどん肩身が狭くなっていくみたいですね〜。
2007-07-09 14:37:21

atglobe wrote:

To ちゃめさん

>こんな死因があるんですね〜。びっくりです…

アメリカの子供たちは相当深い穴を掘るんでしょうか???
日本でも意外とこういった事故は起こっているのかもしれませんから、
気をつけたほうがいいかもしれませんね。

>しかし、男性はどんどん肩身が狭くなっていくみたいですね〜…

そうですね。
でも考えてみると、もし「男性専用ビーチ」なんてものができても絶対に
行きたくないですね。
考えただけでもぞっとします。
2007-07-09 15:19:47

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL