At-Globe

新型インフルエンザ(H1N1)に関する豆知識

 4月にメキシコで発生してからあっという間に世界中に飛び火した新型インフルエンザ。
久しぶりの更新となる今回はそのインフルエンザに関する豆知識をご紹介します(特に役に立つとも思えませんが・・・苦笑)。

<基礎知識>

 インフルエンザの語源は「影響」を意味するイタリア語"influenza"(英語のinfluence)だそうです。まだウィルスが原因だとわからなかった16世紀に、冬季になると発生し春には収束するこの病気の原因を、天体の動きや気候などの影響と考えていたためこの呼び方になったと言われています。

 ニュースなどでは「新型インフルエンザ」と呼んでいますが、今回大流行しているインフルエンザの正体は、本来は人間には感染しない「H1N1豚インフルエンザ・ウィルス(Swine Influenza Virus)」が突然変異した物と考えられています。

 しかしメキシコで発生した当初は、メキシコ国内に感染者が集中していたことから、「どこかの国が細菌兵器の実験を行ったのではないか」という『陰謀説』や、「軍などの研究施設から持ち出された変異ウィルスを誰かがばら撒いた、もしくは誤って拡散してしまったのではないか」という『事件・事故説』が巷で噂されました(私や医療関係の知人も実は密かに疑っていました)。

<ウィルスの構造>

インフルエンザの模式図(Wikipediaより)

続きはこちら→


 インフルエンザウイルスは、直径1万分の1ミリメートル(100nm:ナノメートル)という小さなウイルスです。図のように、ウィルスの遺伝子(RNA:リボ核酸)をエンベロープという被膜に覆われている構造を持っています。
 インフルエンザはA、B、Cの三つの型に分けることができ、今回流行している新型インフルエンザはA型に属します。
 A型とB型のウイルス表面にあるヘマグルチニンとノイラミニダーゼという糖蛋白は変化しやすく、それが種類が多い要因となっているそうです。ちなみにインフルエンザの「H1N1」とか「H5N1」のHとNはこの糖タンパクの頭文字で、その亜型により分類されています。
 またA型ウィルスの遺伝子は変異しやすいと言われており、今回の新型インフルエンザもそうですが、過去に大流行(Pandemic:パンデミック)を引き起こしたスペイン風邪などもこの型だったと言われています。

<感染力>

 今回の新型インフルエンザは弱毒性と発表されています。弱毒性と言われるとなんだか弱そうですが、5月11日現在、感染者数は31か国・地域で5,236人、死者は61人ですから、単純計算すると致死率1.2%という事になりますね。
 ちなみに毎年流行している季節性インフルエンザによる死者は日本国内で毎年、数百人程度いるそうですが、致死率に直すと0.05%だそうですから、今回のインフルエンザは弱毒性とはいえ油断なりませんね。

 余談ですが、人が咳をした時、数マイクロ(1マイクロは1000分の1ミリ)ほどの極小の水滴(飛沫)が3000個ほど放出されるのだそうです。もしウィルスに感染した人が咳をすると、その3000個の水滴には195から19,500のウィルスが含まれているそうで、それが空気中に浮遊することになりますね。ウィルスの感染は、本人の体質(免疫力)にもよりますが、ウィルス10個でもその可能性はあるそうですから、やはりマスクは有効のようです。

<今後の観測>

 今回の変異ウィルスは弱毒性とは言え、WHOの専門家によると「さらに変異する可能性が否定できない」そうです。
 1918年に大流行し4000万人の死亡者を出したスペイン風邪も当初は弱毒性だったものが途中で変異したと考えられています。スペイン風邪も今回と同じH1N1に分類されるウィルスでしたから、専門家はその再来を恐れているわけですね。

 なんだか心配をあおるような内容になってしまいましたが、少なくとも現時点では過度に不安になる必要はなさそうです。

 最後に相変わらず更新の少ない当At-Globeのブログですが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

↓At-Globe内の関連記事
鶏肉にもご用心!?
地球温暖化を防ぐための秘策とは?

↓今日の記事の参照サイト
Reuters(What's in a cough? 20,000 viruses)
Reuters(New virus could still mutate, spark pandemic: WHO)
Wikipedia(インフルエンザ)
社会実情データ図録(インフルエンザによる死者数の推移)

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング←この記事に一票

「地球環境問題ニュース」の記事も見てみる
At-Globeのブログ最新の記事も見てみる
atglobeの投稿(22:21:27-2009-05-12) - カテゴリ: 地球環境問題ニュース TrackBacks

コメント

No comments yet

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL