At-Globe

21世紀の不吉な数字は「11」?ちょっと驚きます

 このサイトのテーマとはあまり関係ないのですが、ぜひ最後までお読みください。びっくりしますよ。

 このNBC系のニュースサイトの記事によると、アメリカの同時多発テロを始めとする恐ろしい事件に、「11」という数字が深く関連しているというのです。

「New York City」は11字
「Afghanistan」も11字
「George W. Bush」も11字

ニューヨークはアメリカの11番目の州
最初にツインタワーに激突した飛行機はフライト11
フライト11の乗客は92人 9+2=11
2番目に激突したフライト77の乗客は65人 6+5=11
悲劇が起こったのは9月11日 9+1+1=11

続きはこちら→


ハイジャックされた全ての飛行機の乗客数は254人 2+5+4=11
9月11日は1年のうち254番目の日 2+5+4=11
スペインのマドリードで爆弾事件が起きたのは2004年3月11日
2+4+3+1+1=11
マドリードの悲劇が起きたのはアメリカ同時テロの911日後

 偶然でしょう、そう思いましたよね。私もそう思いました。

 ところが最後の一つ、ぜひ下の手順どおりやってみてください。
「Q33 NY」とは、ツインタワーに最初に激突した飛行機のフライトナンバーでした。

1.マイクロソフトのWordを開いてください
2.「Q33 NY」と入力してください(「」は不要、全て半角)
3.蛍光ペンでハイライトしてください(省略可能)
4.文字サイズを48Pt位まで大きくしてください
5.文字(フォント)をWINGDINGSに変えてみてください

これも偶然なのでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング←この記事に一票

「世界の奇妙なニュース」カテゴリの他の記事も見てみる
At-Globeのブログ最新の記事も見てみる
atglobeの投稿(15:26:08-2006-02-01) - カテゴリ: 世界の奇妙なニュース TrackBacks

コメント

atglobe wrote:

 この記事を載せてからよく調べたところ、激突した飛行機はいずれもQ33NYというフライトナンバーではないことがわかりました。
 つまりこのニュースサイトが誤ってデマを信じて流してしまったもの思われます。

 お詫びしてご報告いたします。

 記事を削除しようかと思いましたが、すでにご覧になっている方にお伝えするために、しばらく掲載しておきます。

 心配な方は、英語のサイトですが以下のURLで、問題のフォントの担当者がこのデマに関して説明した文章が見られます。
http://www.clemson.edu/cnew...
2006-02-01 18:25:15

atglobe wrote:

 記事がデマだとわかってすぐに、そのことを知らせるメールをNBCに送りました。
 文章中のNBC系のニュースサイト記事へのリンクをクリックするとわかりますが、今日になって記事は削除されています。
 今のところNBCからはメールも来ませんし、サイト上でも何のコメントも発表されていないようです。
2006-02-02 10:08:10

なお wrote:

こわ!
デマでよかった
2006-02-03 22:47:00

atglobe wrote:

To なおさん
確かにそうですね。
もし便名が本当にQ33NYだったら、とても偶然とは思えませんから。
2006-02-04 18:48:21

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL