At-Globe

ご主人の命を救ったビーグル犬

 ケビン・ウィバーさんは、アメリカのフロリダ州にあるオコイーという小さな町に住む34歳の男性です。

ベルちゃんとケビンさん
 そして写真のケビンさんに抱きかかえられているのはベルちゃん、3歳のメスのビーグル犬です。

 重い糖尿病を抱えるケビンさんはある日、自宅の台所で糖尿病の発作を起こし意識を失ってしまいました。
 自宅にいたのはケビンさんとベルちゃんだけ、この絶体絶命のピンチを救ったのはベルちゃんでした。

続きはこちら→


 ベルちゃんはケビンさんの携帯電話を取り出すと、歯で「9」のボタンを押しました。ケビンさんの携帯電話は9を押すと自動的に「911(日本の119)」につながるようになっていたため、救急隊がすぐに駆けつけ、彼は一命を取り留めることができたのです。

 しかしなぜベルちゃんは携帯電話を取り出して救急隊に電話をするなんていうことができたのでしょう?

 その理由は、ケビンさんがベルちゃんに医療介助犬の訓練を受けさせていたからなのです。ベルちゃんはケビンさんの鼻の辺りを舐めたり匂いをかぐだけで、ケビンさんの血糖値が下がっていることがわかるそうです。そしてクンクンと鳴いたり前足で触ったりしてケビンさんに知らせようとします。
 実際発作が起きた当日も、ベルちゃんはケビンさんに知らせるために一生懸命だったそうです。でもケビンさんは、ベルちゃんが外に散歩に行きたいんだなと思い放置していたところ、数分後に発作が起こったそうです。

 ベルちゃんはこの活躍で、"VITA Wireless Samaritan Award"という賞をもらうことになったそうです。この賞は、携帯電話を使って救命救急や犯罪を未然に防ぐなどの行動に対して贈られるもので、犬が受賞するのはもちろん初めてだそうです。

 最後にケビンさんのコメントで締めましょう。
「もしあの日の朝ベルと一緒じゃなかったら今日の僕は存在しない。ベルは命の恩人、いやそれ以上だ。彼女は僕の最高の親友だよ。」

今日のニュース・ソース
ABC News Online

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング←この記事に一票

「世界のびっくりニュース」カテゴリの他の記事も見てみる
At-Globeのブログ最新の記事も見てみる
atglobeの投稿(18:44:24-2006-06-20) - カテゴリ: 世界のびっくりニュース TrackBacks

コメント

ちゃめ wrote:

竹内さん、こんにちは。
 アドバイス、有難うございました。
 ベルちゃんの記事、私も今日の投稿で取り上げてみました。
 訳に自信が無かったので、竹内さんの投稿にリンクを貼らせて頂きました。
 今後とも、宜しくお願い致します。
2006-06-24 12:56:44

atglobe wrote:

To ちゃめさん

コメントありがとうございます。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

ちゃめさんのブログはいつも面白い記事を取り上げていますし、英文も併記
してくれているので英語の勉強にもなりますよ。皆さんも是非一度ご覧くだ
さい。
↓ちゃめさんのブログサイトはこちら
http://blog01ochame0001.blo...
2006-06-24 13:22:53

コージャイロー wrote:

はじめなして!フロリダのオーランドに住むコージャイローと申します。実はケビンとは職場で友達で先日、日本人の人にインタビューされてネットに日本語で出てるから訳してと頼まれ拝見しました。ベルはたまに家に遊びに来ます。とても賢くカワイイ犬です。この話を聞いたときはホントにビックリしました。
2006-06-26 12:21:07

atglobe wrote:

To コージャイローさん

コメントありがとうございます。
ケビンさんのご友人からコメントをいただけるとは、うれしい限りです。

ベルちゃんは本当に賢い子ですね。きっとケビンさんも誇りに思っている
でしょう。
コージャイローさんにとってもベルちゃんの受賞は最高のニュースですね。
おめでとうございます。

日本でもベルちゃんの活躍は話題になっていますよ。ケビンさんにも
よろしくお伝えください。
2006-06-26 12:47:26

atglobe wrote:

ケビンさんとベルちゃんが、先週行われたVITA Wireless Samaritan Awardの
授賞式に出席したそうです。
誇らしげなケビンさんとメダルをかけられたベルちゃんの写真はこちらから
見られます。

http://msnbcmedia4.msn.com/...
2006-06-26 14:51:17

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL