At-Globe

ミステリーツアー:行き先のわからない旅

 今日のテーマはミステリーツアー、なぜこんなテーマなのかというと…、ただの思いつきです。

 ミステリーツアー:"Mystery Tour"とは、行き先のわからない旅行のことで、多くの場合バスツアーをさしています。運転手しか行き先を知らないので、ツアーに参加した人たちは自分たちが今いったいどこへ向かっているのかとワクワクします。

ビートルズ「マジカル・ミステリー・ツアー」をアマゾンで購入する?
注)この画像をクリックするとアマゾンのサイトが開きます。

 ミステリーツアーでまず最初に思い浮かぶのがビートルズの「マジカルミステリーツアー」。ビートルズの数多い大ヒット曲の一つですが、曲だけではなく、ポール・マッカートニーの発案により実際にビートルズのメンバーがバスに乗ってミステリーツアーを決行しました。1967年のことです。
 一体どんな楽しいことが起こるかと期待したメンバーたちでしたが、結局何も面白いことは起こらず、ただバスの後ろに野次馬の行列ができて大渋滞を引き起こしただけに終わりました。

続きはこちら→


 現在イギリスでは、ビートルズゆかりの地を巡るバスツアーがいくつか存在するようです。そのうちの一つ、ビートルズがまだ売れていない頃からよく演奏していたあのキャバーンクラブが運営する、"The Magical Mystery Tour"というツアーのWebsiteを見つけました。
 このツアーでは、ビートルズのメンバーの生まれた土地やペニー・レーン、ストロベリー・フィールド、そしてもちろんキャバーンクラブなどを回るそうです。でも正確には、行き先がわかっていたらミステリーツアーではないですけどね。料金は2時間のツアーで11.95ドル(約1400円)、価格交渉には一切応じないそうです。

 南アフリカではもっと変わったミステリーツアーがあるようです。その名も"Mystery Ghost Bus Tour"、バスに乗って呪われた家や怪奇現象が起こる場所、古城や墓地などを回るそうです。面白そうですけど、もし本当に参加者が霊にとりつかれちゃったりしたら大変ですね。

 最後に番外編、ミステリーツアーをネットで検索していたら妙なサイトを見つけました。皆さん既にご存知かもしれませんが、そのサイト名は"Uncyclopedia:アンサイクロペディア"、「非百科事典」もしくは「百科事典じゃないよ」ということでしょうか。ネーミングもさることながら、見ていただければお分かりの通り(下にリンクがあります)見事に"Wikipedia"のデザインをパクッています。
 内容は非常に程度が低くばかばかしい話が多いのですが、情報?量は相当なもので努力賞をあげたいと思います。いくつかの日本語のサイトで「バ科事典」と紹介されているのも妙訳でした。

↓今日のニュースソースおよび関連サイト
The Magical Mystery Tour
Pretoria News内のMystery Ghost Bus Tourの記事
Uncyclopedia

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング←この記事に一票

「グローバル化の行きつく所」他の記事も見てみる
atglobeの投稿(17:15:46-2006-06-30) - カテゴリ: Main TrackBacks

コメント

No comments yet

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL