At-Globe

こんなプロポーズの方法はいかが?

 今日はアメリカから、ちょっと変わったプロポーズに関するニュースを2本ご紹介しましょう。

 一つ目はニューメキシコ州ロズウェルから。ロス・サベドラさん32歳は、ガールフレンドで9つ年下のアリアナ・アッシュさんを誘って、ロズウェルUFO博物館を訪れました。
"ボクの彼女は地球人"をアマゾンで買う?映画「ボクの恋人は地球人」より
  (注:画像をクリックするとアマゾンのサイトが開きます)

 二人が"エイリアン検死"スペースに差し掛かったその時です。展示してあったエイリアンが突然動き出し、アリアナさんを拉致しようとしたのです。

続きはこちら→


 ロスさんは多くの人垣を掻き分けてアリアナさんのもとへ走り寄り、エイリアンからアリアナさんを救出することに成功しました。

 そしてその場でひざまずき、婚約指輪を取り出しプロポーズをしたのです。周りにいた来館者たちも拍手喝さい、場内放送で「皆さん、彼女の返事は"イエス"のようです!」とアナウンスまで流れたそうです。

 エイリアンの着ぐるみに入っていたのはアリアナさんの父と兄で、1ヶ月前からロスさんと周到に計画を練っていたそうです。アリアナさんの母親と姉もこのプロポーズシーンを近くからこっそり見ていました。知らぬはアリアナさん本人だけ、さぞかし驚いたことでしょう。


 もう一つはカンザス州のウィチタから。ジェイソンさんと恋人のクリスティンさんはある日、地元の美術館を訪れました。この日はガラス工芸で世界的に有名なデイル・チフーリ氏の作品展が開かれていました。

 ガラス細工の中に、なぜか台座に乗せられた指輪が一つ展示されています。クリスティンさんはしばらくその指輪を眺めていましたが、ふと台座にある作品のプレートに目を移して驚きました。プレートには「ジェイソンがクリスティンにプロポーズするために使われた指輪」と書かれていたのです。ジェイソンさんとクリスティンさんは7月29日に挙式することが決まったそうです。

 どちらのプロポーズも、博物館や美術館の好意がなければ実現しませんでした。日本の美術館にこんなことを頼んだら、果たして快く引き受けてくれるものでしょうか?

↓今日のニュースソース
USA TODAY
Kansas.com

ブログランキング・にほんブログ村へkuturogu←この記事に一票

「世界のびっくりニュース」カテゴリの他の記事も見てみる
At-Globeのブログ最新の記事も見てみる
atglobeの投稿(14:24:18-2006-07-19) - カテゴリ: 世界のびっくりニュース TrackBacks

コメント

ちゃめ wrote:

 粋な計らいですね。
 私の好みは、後者の美術館の方かな。
 日本の博物館や美術館も、こんなサプライズに乗って欲しいですね。
2006-07-21 15:06:45

atglobe wrote:

To ちゃめさん

ちゃめさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
もうニュースの原文を読まれたかもしれませんが、裏話をすると、
指輪の前に立ったままクリスティンさんがなかなかプレートに目を
向けてくれず、ジェイソンさんは随分やきもきしたそうです。

>日本の博物館や美術館も、こんなサプライズ…
日本の公共機関はお堅いところが多いですからね。少しは遊び心が
あってもいいような気もしますよね。
2006-07-22 12:07:49

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL