At-Globe

紙屑を集めて中国一の大富豪になった女性

 中国一の大富豪となった女性とはジャン・イン(Zhang Yin)さん、なんとまだ49歳という若さです。

Nine Dragonsのホームページへ

 ジャンさんは中国の黒龍江省で生まれ育った七人兄弟の長女で、28歳の時に香港に渡り30,000元(現在のレートで約45万円)を元手に、紙屑の交換を行う玖龍紙業(Nine Dragons Paper Industries Co., Ltd.)という会社を立ち上げました。詳しくはわかりませんが日本風に言えば「毎度おなじみのちり紙交換」といったところでしょうか。

続きはこちら→


 そしてその5年後には、彼女いわく「紙屑の女帝」となるためアメリカに渡り、事業を拡大してきたそうです。

 紙屑で中国一の大富豪といわれてもぴんとこないと思いますが、玖龍紙業の主な事業は紙屑を原料にして作る梱包材です。いわゆる巻きダン(巻きダンボール)と呼ばれているものですね。梱包材業界では中国でNo.1の売上を誇り、そして世界でもトップクラスのマーケットシェアを持っています。

 ところでその中国一となった彼女の資産はというと、270億元(4080億円)だそうです。数十万円を元手に紙屑を集めて売っていた彼女が、20年で中国一の大富豪になるなんて誰が想像したでしょう。彼女の資産はあのハリーポッターの原作者J.K.ローリングさんをも凌ぎ、事業で成功した女性としては世界でも一位ではないかと言われています。

 もちろん、ここまで来る道のりは決して楽なものではなかったようです。何度も資金難を克服してきました。詐欺業者に騙されたり地元のギャングたちの脅しに遭ったこともあるそうです。

 21世紀は女性の時代、日本からもジャンさんのように優れた女性の事業家が現れるに違いありません。

↓At-Globe内の関連記事
世界の超大国へ−中国経済という名の脅威

↓今日の記事の参照サイト
CHINA DAILY
玖龍紙業(Nine Dragons Paper Industries Co., Ltd.)

ブログランキング・にほんブログ村へkuturogu←この記事に一票

「世界経済に関するニュース」カテゴリの他の記事も見てみる
At-Globeのブログ最新の記事も見てみる
atglobeの投稿(11:44:52-2006-10-17) - カテゴリ: 世界経済に関するニュース TrackBacks

コメント

No comments yet

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL