At-Globe

ワイキキビーチも水の都ベネチアも海底に沈み過去の遺物となるのか?

 日本では寒い冬でも、常夏の楽園ハワイならいつ行っても快適なビーチが私たちを迎えてくれるはず!、という常識も、数十年後には昔話で語られる遺物になっているかもしれません。

 毎日多くの観光客でにぎわうワイキキビーチですが、ここ50年間は毎年約30センチずつビーチが狭くなってきているそうです。古くから住む地元の人は「昔、ビーチはもっと広かった。今じゃあビーチは(狭くなったせいで)混み合っていて足の踏み場もないくらいだ。」と語っています。

 そこでハワイ州ではワイキキビーチを広くするために、海底から砂を掘り出してビーチにその砂をまくことにしたそうです。

続きはこちら→


 その方法とは800メートルほど沖合いの海底から砂を掘り出しポンプで海岸まで運び、ショベルカーなどでその砂をビーチに敷き詰めていくといいます。

 毎日7万人の旅行者が滞在するハワイですから、ビーチの補修のために何日間も閉鎖するわけにも行きません。観光への影響を最小限に抑えるために、作業場所と期間を限定して少しずつ作業を進めているそうです。

 しかしながらこの作業にかかる費用は莫大で、もしハワイの全てのビーチに実施すれば2500万ドル(約30億円)かかるそうです。そのため現在は一部のみを試験的に行っている段階です。また、海底を掘り出すことで生態系などの環境への影響が懸念されています。ビーチを広くするためとは言っても、そのために美しい海や魚たちを失っては元も子もありません。

 ところで記事によると、ビーチが狭くなった原因は「海岸の開発」だそうです。海岸線の防波堤や、ビーチにある施設などを建設した際に砂が失われていったのが最大の原因だと言います。それはそうなのかも知れませんが、地球温暖化で海水面が上昇していることも一因であることは間違いないでしょう。しかしなぜかこの記事には「温暖化」という記述が一箇所もないのです。とても不自然な気がします。

 温暖化の海面上昇で沈むといえば、水の都ベネチア(ヴェネツィアやヴェニスと記述したりもします)が頭に浮かびます。シェークスピアのヴェニスの商人でも有名なベネチアは20年後には水没するという調査結果も出ており、現在でもすでに、最も海抜が低いサンマルコ広場などでは年間数十日も水に浸っています。
 
 先日都内でチャゲ・アンド・アスカさんが地球温暖化防止をテーマにコンサートを行ったそうです。会場には安倍首相も観客として訪れていたとか。最近では世界中が真剣にこの問題を考えているというのに、いまだアメリカや中国などの政府は温暖化防止対策に後ろ向きです。先のワイキキの記事中に温暖化の文字がないのもそのせいなのか、とついつい深読みしてしまいます。

↓At-Globe内の関連記事
記録的猛暑に北極圏のイヌイット族もエアコンを購入
地球温暖化はターミネーターが防ぐ?
地球温暖化で海面はどのくらい上昇する?

↓今日の記事の参照サイト
CNN(ニュースソース)

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング←この記事に一票

「地球環境問題ニュース」カテゴリの他の記事も見てみる
At-Globeのブログ最新の記事も見てみる
atglobeの投稿(18:13:47-2006-12-27) - カテゴリ: 地球環境問題ニュース TrackBacks

コメント

ちゃめ wrote:

 砂浜の浸食の主因が海流の変化(防波堤やビーチの建設は海流を変化させます)にあるとする主張は正しいと思いますが、温暖化が浸食に寄与しているのは、間違いないでしょうね。
 ただ、「温暖化が原因」としてしまうと、対策の予算を確保しにくいのでしょう。
 世界中の低地で、海面上昇の影響が現れつつあるようですね。
 早急に手を打たないと恐ろしい事態を招く事が、IPCCの予測報告書などに書いてあるのですが、見ようとしない人が多いみたいですね。
2006-12-28 00:14:46

Ben Hattori wrote:

そういえば先日、「最悪の場合2040年頃に北極海から氷が消滅する可能性がある」というニュースがありましたね。
だとしても、いきなり2040年に全部の氷が一斉に解けるはずないので、それ以前から徐々に解けだしていくはず。
これまで起きなかった場所、大丈夫だと思われていた場所でも、それほどの荒天でないにもかかわらず高潮の被害が頻発する、そんな事態もありうるのだろうか。
事が重大化してからでないと腰を上げようとしない戦後日本人の悪しき発想、そんなものまでいつのまにか世界中に輸出されたんですかね・・・。
2006-12-28 15:03:53

atglobe wrote:

To ちゃめさん

>ただ、「温暖化が原因」としてしまうと、対策の予算を確保しにくい…
なるほど、そういう理由も考えられるのですね。
確かにこの予算を組むことには反対意見も多かったようです。

>早急に手を打たないと…見ようとしない人が多いみたいですね…
今年は特に多くの団体の様々な調査結果が発表されたように思います。
何十年、何百年も先のことより明日の利益が優先する、それが資本主義の
ルールなのでしょうか。明日の利益よりもっと大切なものはたくさん
ありますよね。
2006-12-28 19:38:19

atglobe wrote:

To Ben Hattoriさん

>最悪の場合2040年頃に北極海から氷が消滅する…
そうらしいですね。なんでも20年後には氷が解けるスピードが4倍に
加速するとか…。その頃から大きな被害が起こる可能性があるのかも
しれません。
南極の氷は北極よりもはるかに多いといいます。南極の氷まで解ける
ことは当分無いでしょうが、もし解けたら海面は数十から百メートル
近くも上昇すると聞いたことがあります。

>事が重大化してからでないと腰を…世界中に輸出されたん…
日本人が得意な「先送り」ですね。
「君子危うきに近寄らず」、「くさいものに蓋をする」、「明日は明日の
風が吹く」と先送りしていて、「後の祭り」とならなければいいのですが…。
2006-12-28 20:14:13

atglobe wrote:

皆様へ:

2006年もいよいよ残すところ後わずかとなりました。
今年一年、At-Globeのブログにお付き合いいただき本当に
ありがとうございました。
これからも世界の様々な出来事や話題を取り上げていきたいと
思います。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2007年が皆様にとってすばらしい年になりますように!
2006-12-29 21:50:50

Ben Hattori wrote:

こちらこそ、今年は縁あってatglobeさんのブログを知ることができ、大変感謝してます。
管理人さんの記事はもちろん、皆さんからのコメントも勉強になることばかり。
来年も興味深く拝見させていただきますので、宜しくお願いします!
では、よいお年をお迎えください!!
2006-12-30 14:50:39

ちゃめ wrote:

良いお年を!
来年もまた突っ込みを入れてやってくださいませ(笑)
2006-12-30 22:56:11

atglobe wrote:

To Ben Hattoriさん
To ちゃめさん

明けましておめでとうございます。

私もBenさんやちゃめさんと(ネット上でですが)お知り合いになれてとても
うれしいです。

相変わらず記事更新が少なくて恐縮ですが、今年もどうぞよろしくお願い
いたします。
2007-01-04 19:34:36

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL