At-Globe

あなたも国王になれるチャンス!? − シーランド公国

 「小さくてもいいから一国の王として君臨したい」、こんな野望を持っている方(そんな人いるかな?)には耳寄りなニュースです。

シーランド公国の公式サイトへ
 シーランド公国はイギリス本土から6マイルほど沖に位置していて、面積は550?ほどです。このたび売りに出されることになったようなのですが、気になる価格は十数億円程度になるようです。

 「その値段なら買いたい!」という方は、以下の但し書きをよく読んでからご購入ください。いわくつきの商品ですから…。

続きはこちら→


 まずシーランド公国の写真をご覧ください。

シーランド公国(Wikipedhia)

 これがシーランド公国です。正式名称を"HM Fort Roughs"といい、第二次世界大戦中の1941年にイギリス軍が防衛用の要塞として建設したものです。

 この要塞は、大戦後イギリス軍が放棄した後、ロイ・ベイツという元軍人によって勝手に占拠されてしまいました。ロイ・ベイツ氏はこの要塞に無許可のラジオ放送局を作り、要塞の領有権を主張しました。

 イギリス政府からの再三にわたる立ち退き要請にもめげず、ロイ・ベイツ氏はこの要塞で独立国家を設立します。もちろん世界でシーランド公国を国家として認めている国はありませんが、シーランド公国にはちゃんと国旗や国歌、憲法、そしてシーランド・ドルという通貨まであります。

 またシーランド公国の公式ホームページのオンラインショップでは、オリジナルTシャツや帽子の他、"Lord"や"Baron"といった貴族の称号まで販売しています。

 しかしながら公式には「不法占拠者」でしかないロイ・ベイツ氏のシーランド公国、果たして買い手はつくのでしょうか?、と言うより売っていいのかな?

↓今日の記事の参照サイト
ABCニュース(ニュースソース)
シーランド公国の公式ホームページ

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング←この記事に一票

「世界のびっくりニュース」カテゴリの他の記事も見てみる
At-Globeのブログ最新の記事も見てみる
atglobeの投稿(12:15:02-2007-01-09) - カテゴリ: 世界のびっくりニュース TrackBacks

コメント

ちゃめ wrote:

 面白いニュースですね!
 爵位を売っているサイトも見ました。
 国が売れてしまう前に、記念品として手に入れておきたいところでしょうか(笑)。
2007-01-10 13:21:47

atglobe wrote:

To ちゃめさん

>国が売れてしまう前に、記念品として手に入れておきたいところ…
そうですね。売れるのが先か、政府に押収されるのが先かわかりませんが…。

ところでこの話題について他のニュースサイトも見てみたところ、売却価格を
十億円程度としているところから、一千億円以上になるとするニュースサイト
もありました。
コンクリートの2本の柱の中にある8つずつのベッドルームなど、この建造物の
不動産価値だけで評価するとせいぜい数億円程度なのでしょうが、「国」という
観点からみると価値は跳ね上がります。
その理由は「自治権」がある(認めてもらえるかどうかが問題ですが)という
ことです。税金はなく、法律も自分で決めることができる、という点を考慮
すれば一千億円でも安いのかもしれません。
2007-01-10 18:26:51

名無しさん wrote:

勝手に自分のものにしておいてそれを売ってしまおうとは都合のいい男ですね。
そんなことでいいのかな??
2007-01-11 14:15:44

Ben Hattori wrote:

ふと、思ったのは「なぜ今売りに出したのか」ですね。
懸念されている地球温暖化による海水面上昇の際の策を考えた時、
「とてもお手上げだ」と同国関係者は判断して
今のうちに売りに出したのかな、なんて。
2007-01-11 22:24:49

atglobe wrote:

To 名無しさん

>勝手に自分のものにして…都合のいい男ですね…
本当にそうですね。ちゃっかりしてます。
どこの国にも属していませんから売却益にも税金がかかりませんし、
名無しさんのおっしゃるとおり本当に都合のいい男です。
2007-01-12 10:29:05

atglobe wrote:

To Ben Hattoriさん

>地球温暖化による海水面上昇の際の策を考え…今のうちに売りに出した…
なるほど、それは気付きませんでした。
写真から判断すると、あと十数メートル海水面が上昇すると水没の危機を
迎えるかもしれませんね。
2007-01-12 10:36:26

atglobe wrote:

最近のニュースによると、"The Pirate Bay"という会社がシーランド公国の
購入に名乗りを上げており、現在交渉中だそうです。

"The Pirate Bay"はファイル・シェア(ファイル交換ソフト)を利用して、
無料で音楽や映画などをダウンロードできるサービスを行っています。
シーランドで事業を行えば面倒な著作権などの問題も解消し、訴えられる
心配も無くなるという訳です。

その購入資金集めのため"The Pirate Bay"はブログサイトを立ち上げ、募金
を呼びかけています。
募金をすると"市民"になることができて、市民には最速のブロードバンド
環境とVIP会員の称号が与えられ、著作権を気にせずダウンロードし放題と
いうことのようです。
もっともイギリス政府が見過ごしてくれるとは思えませんけど…。

この売却交渉ですが、どうやら難航しているようなのです。
違法な商売をする海賊(Pirate)会社が相手と言うことで、オーナーである
ベイツ一家が売却に難色を示しているためらしいのですが、以前はベイツさん
もシーランドで海賊ラジオ局をやっていたわけですし、類はなんとやら、という
気もしますが…。
2007-01-29 19:48:41

atglobe wrote:

リンクを載せるのを忘れていました。

"The Pirate Bay"が募金を呼びかけるブログサイト

http://buysealand.com/

ちなみに募金のほうは現在$20,447まで達しているとなっていますが、
本当かな?
2007-01-29 19:53:42

atglobe wrote:

シーランド公国が「イギリス初のオンライン・カジノのサイトをオープンする」
と発表しました。
独立国家なのでイギリスのあらゆる規制や税金を間逃れることができる、と
いうのがうたい文句ですが、果たしてうまくいくのでしょうか。
賢明な人は手を出さないほうがよさそうです。

↓ニュースソース
http://www.itnews.com.au/Ne...
2007-08-01 13:43:13

723 wrote:

gfdfっっっっhsdhjthdgっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっt
2009-02-26 12:29:09

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL